クレンジングしても毛穴にファンデが残る人必見!5つの原因とは

クレンジングしても毛穴にファンデが残る人必見!5つの原因とは

クレンジングしても毛穴にファンデが残る人必見!5つの原因とは

 

 

このページでは、クレンジングしても毛穴にファンデが残る・汚れがきちんと落ちない原因と対処法についてお伝えしています。

 

毛穴に汚れが残ったままだとスッキリしないし、クレンジングの仕方もこれでいいのかな?!って分からなくなりますよね。

 

汚れが詰まったまま放置すると角栓が硬くなって取れにくくなるので、なるべく早く手を打っていきましょう。

 

 

クレンジングしても毛穴にファンデが残るのは何で?

 

毛穴汚れが残る原因1 肌が冷えている

 

肌が冷えた状態でクレンジングをすると、毛穴の汚れが落ちにくくなります。

 

肌がガチガチに冷えた状態では毛穴が小さく閉じているので、汚れを吸着しにくくなっています。

 

スチーマーやホットタオルで毛穴を開いてからクレンジングする方法は理にかなっているんですね。

 

 

 

毛穴汚れが残る原因2 肌が硬い

 

肌(角層)がガチガチに硬いままクレンジングをするのも、毛穴に汚れが残る原因になります。

 

毛穴まわりをグルっと囲んでいる皮膚がゴワゴワに硬い状態だと、毛穴が閉じたり開いたり…とった柔軟な動きができなくなってしまいます。

 

キュッと毛穴を閉じたり開いたりするには、肌がふわふわに柔らかい状態でクレンジングすることが大事なんですね。

 

 

 

毛穴汚れが残る原因3 クレンジングの洗浄力が弱い

 

洗浄力の弱いクレンジングを使っていると、落ちる汚れも落とせなくなってしまいます。

 

たとえば、ファンデーションからポイントメイクまでガッツリメイクをした日に、ナチュラルメイクを落とせるほどの洗浄力のクレンジングを使っても、なかなか毛穴汚れは落ちません。

 

星の数ほどのクレンジングがある中で、その日のメイクの濃さに合ったものを選ぶことが大事なんですね。

 

 

 

毛穴汚れが残る原因4 クレンジングが肌に合ってない

 

クレンジングが肌に合っていないのも、毛穴汚れが残る原因になります。

 

クレンジングは毎日使うものなので、合わないものを使っていると肌に負担をかけてしまいます。

 

とくに洗浄力が強すぎるクレンジングは、肌に必要なうるおいまで根こそぎ奪ってしまうので、よほど濃いメイクをした日以外はあまりおすすめできません。

 

 

 

毛穴汚れが残る原因5 ファンデが埋まっている

 

毛穴にファンデーションが埋まってしまい、クレンジングしてもなかなか落ちなくなっている方も多いと思います。

 

これを防ぐには、肌が冷えた状態でメイクをするのがおすすめです。

 

肌が温まった状態でファンデーション(特に粒子の細かいタイプの)を塗ると、毛穴が開いているのでガッツリ埋まってしまうからです。

 

クレンジングをしても毛穴に汚れが残る原因になってしまいます。

 

面倒かもしれませんが、メイク前にひと手間かけるだけで毛穴にファンデが残りにくくなるおすすめの方法です。

 

 

 

オイルクレンジングって肌に悪いの?

 

 

 

基本的にオイルクレンジングにはオイル+界面活性剤が入っているため、他のタイプのクレンジングよりも洗浄力が強くなっています。

 

 

 

※界面活性剤とは、そのままでは混ざることのない水と油をなじませて化粧品に配合するために欠かせないもの

 

 

 

洗浄力が強いということは、肌にとって必要な皮脂(うるおい)まで取ってしまうということなので、肌が乾燥しやすくなって毛穴が目立つ原因を作ってしまいます。

 

 

 

絶対ダメというわけではありませんが、濃いメイクをした日以外は、オイルクレンジングはあまりおすすめしていません。

 

 

 

 

どんなクレンジングを使ったらいい?

 

 

 

じゃあどんなクレンジングを使えばいいのか?というと、

 

 

クレンジングのタイプには、

 

・ジェル(ゲル)
・ミルク
・ふき取りタイプ
・クレイ

 

 

など挙げきれないほど色んなタイプがありますが、この中でおすすめなのがクレイ(泥)やジェル(ゲル)でできたクレンジングです!

 

 

この中で最も刺激が弱く、肌に優しいのがミルクタイプのクレンジングですが、洗浄力も弱くなるので、人によってはメイク汚れがきちんと落ちない可能性もあるためおすすめしていません。

 

 

一方、クレイのクレンジングなら毛穴よりはるかに小さい超微粒子でできているので、毛穴の中にスルスル入っていき汚れをピトッと吸着し、落としてくれます。

 

 

クレイはオイルクレンジングほど洗浄力が強くないので、肌に必要なうるおいは残したまま、毛穴汚れをスッキリ落としてくれる「良いとこどり」のクレンジングなんですね!

 

 

>>クレイ洗顔を含むクレンジング・洗顔ランキングはこちら

 

 

 

そもそも正しいクレンジング方法って?

 

 

毛穴の汚れをスッキリ落とすには、

 

1.まずは肌を温めて柔らかくほぐす
2.強くこすらない
3.ぬるま湯で洗う

 

これらのポイントを押さえてクレンジングするのが効果的です。

 

 

この中で1番大事なのが、1の肌を温めて柔らかくほぐしてからクレンジングすることです。

 

 

すでにお伝えした通り、肌が冷えていたりガチガチに硬いままだと落ちる汚れも落ちなくなるからです。

 

 

毛穴が柔軟に収縮できるように、お風呂にゆっくり浸かったりホットタオルでじっくり温めるなどしてからクレンジングをしてみてください。

 

 

おすすめとしては、お風呂で汗がしたたるくらい体の芯から温まってからクレンジングすることです。

 

 

ホットタオルで温めたくらいでは、人によってはさほど汚れが落ちない場合もあるからです。

 

 

お風呂で汗をかくくらいじっくり肌を温めて、柔らかくほぐしてからクレイ洗顔のような吸着力のあるクレンジングで洗ってみてください。

 

 

トライアルセットをいくつか試して、自分の肌に合ったクレンジングを見つけてみましょう。

 

 

↓「でもお風呂に浸かるの苦手なんだよね…」という方や、ゆっくりお風呂に浸かる時間がない方はこちらで蒸しタオルのやり方を解説しています。
蒸しタオルで毛穴の黒ずみが取れる人と取れない人がいる理由

 

 

 

まとめ クレンジングしても毛穴汚れが残る原因

 

 

いかがでしたか?

 

クレンジングしても毛穴に汚れが残ると、気分的にもスッキリしませんよね。

 

地味かもしれませんが、クレンジングで毛穴汚れをしっかり落とすことは毛穴レスになるために超重要です。

 

その日の汚れをその日のうちにスッキリ落とし切って、毛穴レス肌の土台をつくっていきましょう!