保湿しても毛穴がなくならない4つの理由→該当するかチェック!

保湿しても毛穴がなくならない4つの理由→該当するかチェック!

保湿しても毛穴がなくならない4つの理由

 

 

※このページでは、保湿しても毛穴なくならない理由と対処法についてお伝えしています。

 

「毛穴をなくすには保湿が大事!」といいますが、ある程度の保湿ケアはみなさんしていらっしゃると思います。

 

それでも毛穴がなくならないのは何でなのか?毛穴を目立たなくするには、結局どうすればいいのか?についてお伝えしていきますね。

 

 

はじめに|なぜ乾燥すると毛穴が目立つのか?

 

キメが乱れるから

 

乾燥すると毛穴が目立ってしまう最大の原因はコレです!

 

乾燥すると規則正しく並んでいるお肌のキメが乱れてしまうので、毛穴の凸凹も見えるようになってしまいます。

 

↓肌の表面には皮溝(ひこう)と皮丘(ひきゅう)と呼ばれる部分があり、この2つが肌のキメと呼ばれるものです。

毛穴がなくならない理由

毛穴レス肌の人は、この皮丘(ひきゅう)に水分がたっぷり含まれており、皮溝と皮丘がキレイに並んでいるので肌のキメが整っていて毛穴が目立ちません。

 

たしかに、毛穴レス肌の人って肌のキメが細かい人が多いですよね?

 

皮溝(ひこう)と皮丘(ひきゅう)がキレイに行儀よく並んでいれば、毛穴の凸凹は目立たないんですね。

 

 

皮脂を増やすから

 

乾燥すると、肌が「うるおいが足りてない!」と認識して皮脂をドバドバ分泌するようになりますが、これも毛穴を目立たせる原因になります。

 

皮脂は毛穴の中から出てくるので、皮脂がたくさん出るという事は、毛穴もパックリ大きく開く。ということだからです。

 

その結果、毛穴が開いて角栓も詰まり、黒ずみ毛穴もできてしまいます(>_<)

 

 

 

 

「お肌が乾燥すると毛穴が目立つ」というのは本当だったんですね!

 

 

でも、ここまでを読んで「わたし、保湿ケアは一応してるんだけど?」と思われた方は多いと思います。

 

 

実際、洗顔の後に化粧水やクリームを一切つけない人って、女性ではあまり居ないんじゃないでしょうか?

 

 

保湿してるのに、じゃあ何で毛穴がなくならないのか?考えられるのは下記の↓5パターンです。

 

 

何で保湿しても毛穴がなくならないの?

 

保湿してもすぐ乾燥してしまってる

 

乾燥しやすい、うるおいキープ力が弱い肌質の人は、保湿してもすぐに乾燥してしまっている可能性が考えられます。

 

スキンケアをするのって、だいたい朝と夜ですよね。

 

1日2回の保湿だと、うるおいキープ力が弱い肌の人は、お昼ごろにはもう肌がカピカピに乾燥して毛穴が目立ってしまいます。

 

 

 

保湿成分が入ってない(少ない)化粧品でケアしている

 

保湿成分が入っていなかったり、ほんの少ししか入っていない化粧品を使っている場合も考えられます。

 

せっかく気合い入れてケアしても、保湿力の弱い化粧品だと肌にうるおいをとどめられないため、つけた直後から即・乾燥して毛穴も目立ってしまいます。

 

 

 

代表的な保湿成分には、セラミドヒアルロン酸コラーゲンライスパワーエキスなどがあるよ!


 

 

角栓が詰まっている

 

毛穴の中に角栓がギチギチに詰まっていると、いくら保湿をしても毛穴がなくなることはありません。

 

「毛穴詰まってるかも…」という人は、まず汚れを強力に吸着してくれるクレンジング・洗顔でサッパリ洗い落とすのが先です。

 

↓汚れを強力に吸着するクレンジング・洗顔ランキング
毛穴の詰まり・黒ずみにおすすめの化粧品ランキング

 

 

毛穴が重症化しすぎている

 

帯状毛穴などの重症化しすぎた毛穴の場合、保湿ケアだけで改善するのは難しくなります。

 

 

帯状毛穴(たいじょうけあな)とは、毛穴のたるみが重症化して連なり、シワのようになった毛穴の事をいいます。

 

頬にできることが多く、おもに35歳以上に多く見られます。


 

鏡でよく観察して、頬の毛穴のたるみが連なってシワのようになっているなら帯状毛穴です。

 

この場合、たるみに効く化粧品で地道にケアするか、美容外科・美容皮膚科でレーザー治療をする方法が有効です。

 

 

 

頬がたるんで毛穴が目立っている

 

頬の毛穴が気になる人は、乾燥ではなく「たるみ」によって毛穴が目立っている可能性もあります。

 

その場合、いくら保湿ケアをしても毛穴はなくならないので、たるみケアをするのが最も効果的になります。

 

 

たるみ毛穴かどうか見分けるには?

 

鏡をみながら、指で頬を外側にひっぱると毛穴が目立たなくなるようなら、「たるみ」による毛穴の証拠だよ!

 

頬の外側に指を当てて、クイッと引っぱって確かめてみてね。


 

↓たるみ毛穴対策の化粧品ランキングはこちら
たるみ毛穴におすすめの化粧品ランキング

 

 

 

保湿しても毛穴がなくならない時に効果的な方法

 

 

 

↑3〜5の例外を除くと、保湿しても毛穴がなくならないのは、

 

1.「保湿してもすぐ乾燥してしまうから」

 

2.「保湿力の弱い化粧品でケアしてるから」

 

の2パターンがおもな理由になりますね。

 

 

ということは、

 

「保湿力の強い化粧品でこまめに保湿し、肌のうるおいを長くキープする」ことができれば、毛穴に効いてくる!という事でもあります^^!

 

 

 

じゃあ「保湿力の強い化粧品」はどうやって選んだらいいのか?というと、

 

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ライスパワーエキスなどの保湿成分が、

 

 

成分表示名のなるべく前の方に記載されてるものを選ぶこと!!がめっちゃ大事になります。

 

 

化粧品のパッケージの裏に配合成分がズラ−ッと記載されてると思いますが、

 

 

配合量の多い順に成分名は記載されているので、最後の方に書かれてる成分はほんのちょっとしか入っていないんですね。

 

 

なので、前の方〜なるべく真ん中くらいまでに保湿成分の名前が記載された化粧品をつかうこと!が大事なんです。

 

 

保湿成分がちょびっとしか入っていないと、ちゃんと保湿してるのにすぐ乾燥したり、毛穴もぜんぜんなくならない…という事になってしまうからです(>_<)

 

 

「ちゃんとケアしてるのに全然毛穴なくならないんだけど…」という無限ループに入ってしまうんですね。

 

 

 

ヒアルロン酸は「ヒアルロン酸Na」、セラミドは「セラミド1」、「セラミド2」のようにお尻に数字がついてるか、「セラミドEOP」、「セラミドNS」のように記載されることもあるよ!


 

 

保湿しても毛穴がなくならない人におすすめの化粧品

 

 

「なるほど…でも成分とかよく分からないし、この化粧品でいいのか自信がない」という人には、ライスパワーエキス配合の化粧品がおすすめです。

 

 

ライスパワーエキスNo.11には肌のセラミド(うるおい)を増やす作用があるので、保湿してその都度うるおすのではなく、使えば使うほどに肌のうるおいをアップさせるケアができるからです。

 

 

(「乾燥するたびに保湿して…」という"いたちごっこ"にならず、かなり効率のいいスキンケアができるので当サイトでおすすめしております。)

 

 

ちなみに↓「米肌(まいはだ)」という化粧品です。

 

 

 

自転車操業のようにせっせと保湿をしなくても、ライスパワーNo.11エキスが肌に存在するセラミド自体を増やしてくれるので、だんだん肌が自らうるおうようになってくるんですね。

 

 

空気中の水分まで取り込んで自らうるおう肌をつくってくれるので、「保湿しても乾燥する(毛穴が目立つ)…」という人や「保湿してるけど、効果がいまいち感じられない。わたしのスキンケアこれで合ってるのかな?」という人でも、肌質を変えるケアをしていけるシリーズになっています。

 

 

お肌のぷるぷる度が変わってくるとスキンケアも楽しくなって、気付けば毛穴も目立たなくなってた!なんてことになったら最高です^^

 

 

↓ライスパワーNo.11配合の米肌をチェック

毛穴訴求

 

 

 

毛穴をなくすには化粧品選びが大事!なので、まずはお使いの化粧品の成分表示(保湿成分)をチェックしてみてね。


 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

保湿しても毛穴がなくならないと、「もうこの毛穴消えないんじゃないか?!」って暗い気分になりますよね。

 

正しい保湿ケアで肌のうるおいを底上げして、毛穴の目立たないツルピカお肌に生まれ変わりましょう!