毛穴パックはよくない?毛穴パックを逆効果にしない6つのコツ

毛穴パックはよくない?毛穴パックを逆効果にしない6つのコツ

毛穴パックはよくない?毛穴パックを逆効果にしない6つのコツ

 

 

毛穴パックって、毛穴の汚れがゴッソリとれて気持ちいいですよね!

 

このページでは毛穴パックで毛穴を悪化させないための注意点についてお伝えしています。

 

正しく使用して、大事な日だけでも毛穴レス肌でいられるように頑張りましょう。

 

 

 

はじめに|毛穴パックはよくないの?

 

 

洗い流すタイプではなく、貼り付けて剥がすタイプの毛穴パックについて話しています。

 

 

「毛穴パックはよくない!悪だ!」という意見もありますが、ポイントを押さえて使えば、毛穴の汚れをゴッソリ取ってくれる優秀アイテムです。

 

 

頻繁にやりすぎたり アフターケアをしなかったりなど、正しい使い方をしなければ肌に負担がかかり、逆効果になる可能性は確かにあります。

 

 

でも、注意点を必ず守るように徹底すれば、毛穴パックによって毛穴が悪化することはありません。

 

 

毛穴を綺麗にしたくてやってるのに逆効果にならないためにも、↓以下の注意点をまもってやるようにしましょう。

 

 

 

 

毛穴パックをする時の注意点

 

頻度をまもる

 

毛穴パックは毛穴の汚れを強力に吸着するので、1度やるだけでも肌に負担がかかってしまいます。

 

あまり頻繁にやると肌が傷ついてしまい、皮脂が増えて毛穴がより目立つようになる可能性もあるので、毛穴パックを使うのは2週間に1回くらいまでにしておきましょう。

 

月に2回くらいの頻度ですね。

 

せっかく毛穴レスになるためにやってるのに本末転倒にならないためにも、頻度はかならず守ることをおすすめ致します。

 

大事なイベントの前日など、気合いを入れたい時だけ使うようにすると良さそうですね!

 

 

 

入浴後にする

 

毛穴パックでゴッソリ角栓が取れる時もあれば、毛穴が詰まってるはずなのにそんなに取れない時もあったりしませんか?

 

毛穴パックで角栓をゴッソリ取るには、お風呂上がりにするのがおすすめです。

 

お風呂上がりといってもシャワーではなく、きちんと湯船に浸かって体が芯から温まった状態が理想です。

 

しっかり体をあたためることで肌の角質がふにゃふにゃに柔らかくなるので、毛穴の汚れも吸着しやすくなります。

 

肌が冷えると角質も硬くなるので、毛穴パックをしても角栓があまり取れなかったりするんですよね。

 

お風呂上がりのゴールデンタイムを狙って毛穴パックして、ゴッソリ汚れをオフしましょう♪

 

お風呂に浸かれないときは、ホットタオルなどで顔を温めてからするのでもOK。

 

角質が柔らかくなるように肌を温めることが大事!

 

 

時間をまもる

 

毛穴パックを貼ったまま放置しすぎると肌に負担をかけてしまうので、放置時間はかならず守るようにしましょう。

 

パッケージに〇分放置と書かれているので、その時間ですぐ剥がすようにします。

 

角栓をたくさん取りたいからと長く放置しても、肌がボロボロになってしまったら台無しです。

 

つるつるの毛穴レスになるためにも欲張らず、タイマーなどをセットしておきましょう。

 

 

 

優しくはがす

 

毛穴パックをはがす時に強くベリッとはがしてしまうと、肌を傷つけてしまうので良くありません。

 

優しくそーっとはがしていった方が角栓も取れやすくなるので、はがす時は鏡を見ながら優しくはがしましょう。

 

できるだけゆっくり、スローモーションの動きではがすようにします。

 

強くベリッとはがしてしまうと角質まで剥がれる可能性があるので絶対NG!

 

 

 

アフターケアをしっかり

 

毛穴パックで角栓がゴッソリ取れたあとは、毛穴がパックリ開いた状態になっています。

 

毛穴は凹んでいる”穴”なので、アフターケアで毛穴を引き締めないと、また汚れが詰まってしまいます。

 

毛穴パックをした後は、毛穴を引き締めるところまでをセットで実践していきましょう。

 

毛穴引き締め成分(ビタミンCなど)の入った化粧品でアフターケアをして、毛穴パックで空っぽになった毛穴をキュッと引き締めます。

 

ビタミンCには「皮脂の分泌をおさえる作用」もあるので、出すぎた皮脂が毛穴に詰まるのを予防する効果もあります。一石二鳥ですね♪

 

冷水洗顔や氷マッサージは効果ある?

毛穴を引き締めるために冷水洗顔や氷マッサージをする人も多いですが、それで毛穴が引き締まるのは30分程度です。


肌の温度が戻れば毛穴も元通りになってしまうので、根本的な解決にはなりません。


「でも気持ちいいし続けたい!」という人はそれでもいいですが、赤ら顔になる可能性もあるのでやりすぎには注意してくださいね。


↓冷水洗顔についてはこちら
冷水洗顔で毛穴が閉じるのは一瞬! 冷水洗顔の3つの注意点

 

 

普段の毛穴ケアを見直す

 

毛穴パックをしないといけないほど毛穴が詰まるのは、毎日のクレンジング・洗顔できちんと汚れを落とせていない証拠です。

 

 

その日の汚れをその日のうちにきちんと落とせていたら、毛穴パックにお世話にならなくても良くなるんですね。

 

 

毛穴の汚れをキレイにと落とすには、すでにお伝えした通り、お風呂で体の芯から温まって毛穴を開く&角質を柔らかくしてからクレンジング・洗顔すると効果的!

 

 

更にこのタイミングでクレイ(泥)洗顔をすると、汚れがスルスル落ちていきます。

 

 

クレイ洗顔は毛穴より遥かに小さい微粒子でできているので、毛穴の奥までスイスイ入り込んでいき、汚れをゴッソリ掻き出してくれます。

 

 

普段、肌が冷たく硬いまま、毛穴が閉じたままクレンジング・洗顔してないか?吸着力のないクレンジング・洗顔料を使っていないか?見直してみましょう。

 

 

「毛穴(角栓)は頑固なものだから、なかなか良くならないんだ」と思い込んでいる方も多いと思いますが、意外とこれだけでスルッと毛穴がキレイになる事もあり得ます。

 

 

もっと早く知りたかった!と後悔しないためにも、普段のケア(クレンジング・洗顔)をすぐに見直してみてください。

 

 

↓毛穴の汚れをゴッソリ落とすクレンジング・洗顔ランキングはこちら
毛穴の詰まり・黒ずみにおすすめの化粧品ランキング

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

注意点をまとめてみると…

毛穴パックをする時の注意点
1.頻度をまもる
2.入浴後にする
3.優しくはがす
4.アフターケアをしっかり
5.普段の毛穴ケアを見直す

 

特に難しいことはないので、すぐに守れそうなものばかりですね。

 

ポイントを押さえて毛穴パックをして、毛穴レス度をアップしていきましょう!