鼻の毛穴の黒ずみをとる方法|黒ずみには3タイプあった!

鼻の毛穴の黒ずみをとる方法|黒ずみには3タイプあった!

鼻の毛穴の黒ずみをとる方法|黒ずみには3タイプあった!

 

 

※このページでは、鼻の毛穴の黒ずみの原因(3タイプ)と改善方法についてお伝えしています。

 

毛穴の黒ずみには3タイプあり、それぞれ原因が異なります。

 

すっぴんでも余裕♪のつるつる肌に生まれ変わる方法をお伝えいたしますね。

 

 

 

黒ずみ毛穴タイプ1.角栓が酸化して黒くなった

 

 

 

鼻の黒ずみ毛穴で1番多いのがこのタイプです!

 

 

毛穴につまった汚れ(角栓)が酸化して黒くなったのが原因で、ブツブツのいちご鼻もこのタイプに該当します。

 

 

皮脂が多いことや、毎日のクレンジング・洗顔で汚れをきれいに落とせていないと出来てしまいます。

 

 

鼻がテカりやすい人に出来やすい傾向にありますが、汚れがたまっているだけなので、「毎日のクレンジング・洗顔をしっかりする」+「毛穴を引き締めるケア」をすれば改善しやすいのが特徴です。

 

 

「その日の汚れをしっかり落とす」というシンプルなケアを徹底すれば、このタイプの毛穴はきれいになるんですね。

 

角栓の正体=「余分な皮脂」+「古い角質」が毛穴に詰まったもの

 

 

 

改善する方法は?

 

お風呂で汗ばむ

 

「毛穴ケアなのに、お風呂で汗ばむって何?!」って思われるかもしれません。

 

 

このタイプの黒ずみ毛穴は、毛穴の汚れを落とせていないことが最大の原因なので、お風呂で体を芯からあたためて、毛穴を開いてからクレンジング・洗顔するのがベストなんです。

 

 

汗ばむくらいお風呂に浸かると、毛穴が開くだけでなく肌の角質もふにゃふにゃに柔らかくなるので、汚れがスルッと落ちやすくなります。

 

 

とくに鼻の皮膚は硬くて分厚いので、お風呂でやわらかくすることが毛穴レスになるには大事!

 

 

本当に、このステップを踏むか踏まないかで毛穴レス度が変わってきます。

 

 

夏は問題ないと思いますが、寒くてなかなか汗をかけない季節は、お風呂のフタやビニール傘などでサウナ状態をつくってみてください。

 

 

汗ばんでから更に10分ほど浸かってから洗顔するのが理想ですが、いろいろ試してみて、あなたのベストタイミングを見つけてみてください^^

 

水分補給はしっかりして、のぼせないようにくれぐれも注意してね!

 

 

 

洗顔は吸着力のあるものを

 

お風呂で汗ばんだ後は、吸着力のあるクレンジング・洗顔で顔をあらいましょう。

 

 

クレイ(泥)洗顔硬めのジェルのクレンジングなら、その日の肌の汚れをピトッと吸着して落としてくれるのでおすすめです。

 

 

特にクレイ洗顔は、超微粒子のクレイが毛穴の奥までスイスイ入っていけるので、なかなか落ちない頑固な毛穴の黒ずみもスルッと落としてくれます。

 

 

お風呂で体を芯から温めたり、ホットタオルなどで顔を温めたタイミングでクレンジング・洗顔するとカンペキです!

 

 

 

 

毛穴を引き締める

 

鼻の毛穴の黒ずみがゴッソリ落とせたら、スキンケアで毛穴を引き締めていきます。

 

汚れが落ちた毛穴はパックリ空洞になっているので、引き締めないとまた汚れが詰まってしまいます!

 

毛穴引き締め成分(ビタミンCなど)が入っている化粧品で、鼻の毛穴をキュッと小さく引き締めていきましょう。

 

冷水洗顔や氷マッサージは効果ある?

毛穴を引き締めるために冷水洗顔や氷マッサージをする人も多いですが、それで毛穴が引き締まるのは30分程度です。


肌の温度が戻れば毛穴も元通りになってしまうので、根本的な解決にはなりません。


「でも気持ちいいし続けたい!」という人はそれでもいいですが、赤ら顔になる可能性もあるのでやりすぎには注意してくださいね。


↓冷水洗顔についてはこちら
冷水洗顔で毛穴が閉じるのは30分!冷水洗顔の3つの注意点

 

 

黒ずみ毛穴タイプ2 毛穴が開いて影になって見える

 

 

 

鼻の毛穴が開きっぱなしになって空洞になり、黒くみえているのがこのタイプの黒ずみ毛穴です。

 

 

毛穴は皮脂が出てくる“穴”なので、パックリ開いてると 何も詰まっていなくても黒くみえるんですね。

 

 

でも、毛穴がキュッと引き締まっていれば空洞が狭くなるので、黒く見えることはありません。

 

 

問題は「毛穴が開きっぱなしになっていること」なんですね。

 

 

鏡でよく見て、鼻の毛穴に何も詰まってないのに黒く見えているならこのタイプです。

 

 

毛穴が開きっぱなしになるのは「皮脂が多いこと」「乾燥」が原因なので、これらを改善することで毛穴を目立たなくすることができます。

 

 

 

 

改善する方法は?

 

余分な皮脂をおさえる

 

鼻の毛穴がパックリ開いてしまう根本的な原因は、「皮脂の過剰分泌」です。

 

 

皮脂が多いとそのぶん毛穴もガッと大きく開いてしまいますし、毛穴の詰まりやニキビの原因にもなっちゃうんですね。

 

 

↓皮脂が過剰に増えないように、以下のことに気をつけましょう。

 

・食べるものに気を付ける
・ストレスを溜めない

 

 

肌は食べたものでできているので、脂っこいものや甘いものはできるだけ控えるようにして、抗酸化作用のある野菜や果物をたっぷり摂るようにします。

 

 

また、ストレスは交感神経を刺激して男性ホルモンを活発にし、皮脂を増やしてしまうので、ストレスを溜めないことも大事!

 

 

「ストレス発散」というと、叫んだりカラオケをしたりといった派手なことが思い浮かびますが、手軽にできるおすすめの方法は「感動できる映画をみて泣くこと」です。

 

 

涙を流すとストレスが軽減されるので、感動的な映画のDVDなどを見て思いっきり泣くだけでOK♪

 

 

簡単にできてスッキリするので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

保湿

 

開いた鼻の毛穴を目立たなくするには、定番ですが「保湿」が大事です。

 

しっかり保湿すると肌のキメも整うので、毛穴がより目立ちにくくなるんです。

 

大事なのは「保湿成分」が入っている化粧品を使うこと!

 

セラミドコラーゲンヒアルロン酸ビタミンCなどが代表的な保湿成分!

 

化粧水にきちんと配合されているかチェックしてみよう。

 

保湿化粧水をチャチャっとつけるだけでも良いのですが、より毛穴に効かせるには手のひらで何度もハンドプレスすると効果的です。

 

手のひらの圧とぬくもりで、化粧品の成分が肌にグングン浸透していきます。

 

手のひらでギュッと押し込むようにして、20秒ほどハンドプレスしましょう。

 

深呼吸しながらやると自律神経も整うので一石二鳥です♪

 

 

 

毛穴を引き締める

 

最後に、開いてしまった毛穴キュッと引き締めていきましょう。

 

といっても、アルコールたっぷりの収れん化粧水ではありません。

 

アルコールが多い化粧品は、つけた直後は毛穴が引き締まる感じがしますが、最終的に肌を乾燥させてしまうのであまりオススメできません。

 

オススメは、ビタミンCやプラセンタのような「毛穴引き締め効果」のある成分が入っている化粧品です!

 

お風呂上がりは肌が柔らかくなっているので、このタイミングで毛穴引き締め化粧品をつけるとより浸透させることができます。

 

このゴールデンタイムを逃さないように、効率的に毛穴に効かせていきましょう♪

 

 

 

 

黒ずみ毛穴タイプ3 色素沈着している

 

 

 

毛穴まわりの皮膚をグルっと囲むように黒くなっているのが、「色素沈着タイプ」の黒ずみ毛穴です。

 

 

鏡でよ〜く観察して、鼻の毛穴まわりの肌が黒っぽくなっているならこのタイプに該当します。

 

 

紫外線によって色素が沈着し、シミのように黒ずむとこのタイプの毛穴は出来てしまいます。

 

 

紫外線を浴びるとメラニンが生成されてシミの原因になりますが、これが毛穴まわりの肌に起こっているんですね。

 

 

このタイプの黒ずみ毛穴はシミと原因が一緒なので、「汚れがたまってるんだ」と一生懸命にケアしても、なかなか良くならなかったりします。

 

 

↓角栓が詰まっているわけではないので、シミをなくすのと同じようにケアすれば改善していけます。

 

 

 

 

改善する方法は?

 

紫外線対策

 

毛穴の色素沈着が悪化しないように、紫外線対策をしっかりしていきましょう。

 

出かけるときは日焼け止めを塗るようにして、できればこまめに塗り直すようにします。

 

日焼け止めを塗り忘れた!という時は、日傘帽子などをつかって鼻に紫外線を当てないようにがんばりましょう。

 

"改善"より"予防"の方がはるかに簡単なので、黒ずみを悪化させないためにも1年を通してUV対策するようにします。

 

 

 

美白化粧品でケア

 

紫外線対策は毛穴の黒ずみを予防することはできますが、改善することはできません。

 

 

シミ対策と同じように「美白効果のある化粧品」でケアすると、このタイプの黒ずみ毛穴を改善していけます。

 

 

大事なのは、「厚生労働省許可の美白成分」が配合された化粧品をつかうことです!

 

 

いかにも美白になれそうなパッケージなのにちゃんとした美白成分が入っていない「なんちゃって美白化粧品」もあるので、注意して選ぶようにしましょう。

 

〇厚生労働省許可の美白成分
アルブチン、ビタミンC誘導体、カモミラET、トラネキサム酸、プラセンタエキス、リノール酸、エラグ酸など

 

 

 

鼻の毛穴の黒ずみをとる化粧品

 

 

 

鼻の毛穴の黒ずみ対策にぴったりなのがビーグレンの「毛穴ケアプログラム」です。

 

 

鼻の毛穴の黒ずみをとる化粧品

 

 

毛穴の2,000分の1の大きさの超微粒子でできたクレイ(泥)洗顔が入っているので、毛穴の奥までスイスイ入り込んで汚れをスルッと落としてくれます。

 

 

「モンモリロナイト」という、マイナスイオンを帯びた天然のクレイを使っているので、マイナスイオンパワーで汚れをピトッと吸着してくれるんですね。

 

 

「毛穴引き締め効果」+「皮脂の過剰分泌をおさえる作用」をもつビタミンCを高濃度配合(7.5%)した美容液もついているので、汚れをゴッソリ落とす→毛穴をキュッと引き締めるという一連のケアができます。

 

 

毛穴レスになった自分を妄想しながら、楽しく毛穴ケアをしていきましょう♪

・メイクで必死に毛穴を隠さなくていい
・朝起きた瞬間からつるつるの毛穴レス肌
・パートナーに肌キレイだねと褒められる
・鏡を見るたびに気分があがる
・メイクのノリが良くなる
・日中も毛穴を気にしなくて良くなる

 

 

↓「毛穴ケア専用プログラム」をチェック
毛穴ケアセット

 

 

 

 

鼻の毛穴の黒ずみを隠すメイク方法

 

 

 

お手入れしても鼻の毛穴の黒ずみがなかなか無くならないときは、メイクでカバーしていきましょう。

 

 

メイク前にローションパックをするなどしてたっぷり保湿をすれば、メイクのノリが良くなって毛穴も目立ちにくくなります!

 

おすすめの方法

 

〇毛穴専用の下地
→皮脂吸着パウダー入りのものなら鼻のテカリ・毛穴の目立ちを防げる

 

〇オイルコントロール作用のある下地
→鼻のテカリ・メイク崩れを防げる

 

〇パールの入った下地
→視覚拡散効果があり毛穴が目立ちにくい

 

〇油とり紙
→1日に数回使うくらいなら問題ない

 

 

※↓毛穴レスに仕上げてくれるファンデ・下地はこちらにまとめています。
毛穴カバーファンデ・下地ランキング

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

頑固な鼻の黒ずみは、一度できるとなかなかなくならなかったりしますよね。

 

毛穴レスになるには時間がかかることも多いので、それまではメイクで隠すなりして工夫していきましょう。

 

鼻の黒ずみをつるつるにして、すっぴんでも余裕♪の肌に生まれ変わりましょう!